病気と老化の源・活性酸素とは

病気も体の衰えも原因はさまざまですが、人間の身体に不調をきたす大きな原因のひとつが活性酸素です。
活性酸素は、体内でエネルギーを生み出し、消費する際に必ず発生するもの。
悪い作用ばかりではなく、外からくるウイルスや細菌を攻撃して身体を守る働きがあります。
「活性酸素が増えると身体が酸化する」と言いますが、ここで言う酸化は細胞がダメージを受けてうまく機能しなくなった状態のこと。
健康な細胞を攻撃して傷つける活性酸素は、とくに悪玉活性酸素と呼ばれています。

活性酸素はわるいもの?

活性酸素=身体に悪影響をおよぼすもの

と認識している人は少なくないでしょう。
活性酸素は2種類あり、善玉活性酸素と悪玉活性酸素に分けられます。
善玉活性酸素には外からのウイルスや細菌から体を守る働きがあり、悪玉活性酸素は体内の細胞を攻撃してしまいます。

そもそも活性酸素はなぜできるのでしょうか。

1、生きているだけで作られる
呼吸によって取り入れた酸素を消費すると、活性酸素は発生します。

2、ストレスで増える

ストレスを受けると身体は抵抗しようと、ストレスを和らげる働きの「副腎皮質ホルモン」を分泌します。そのときに、活性酸素も一緒に作られてしまいます。

仕事のストレスに埋もれそう

3、紫外線によって発生
紫外線を浴びると、その有害な物資を排除しようと身体を守るために活性酸素が発生します。

4、食事と飲酒
適度なアルコールは活性酸素を減らす働きがありますが、体内でアルコール分解する際に活性酸素が発生。
動物性脂質やマーガリン、加工食品やインスタント食品は身体の酸化を進めてしまうので、摂取には注意が必要です。

5、ハードな運動
運動をすると呼吸量が増えるので、酸素の摂取量も増えます。活性酸素のもとが増えるということになりますし、交感神経が活発に作用すると活性酸素も大量に発生してしまいます。

 

活性酸素は人間の生命維持活動のなかで発生しますが、とくに悪玉活性酸素はどのように悪さをするのでしょうか。

人間の細胞の中には、ミトコンドリアというエネルギーの生産を担っている器官があります。
ミトコンドリアが元気に作用することで、人間の活動に必要なエネルギーが作られています。
ですが、ミトコンドリアが不調だったり数が減ってしまったりすると、エネルギーをうまく生み出すことができなくなって疲労の原因になります。
ミトコンドリアが減り続ける=悪玉活性酸素が増え続けると、疲労回復がうまくいかないどころかさまざまな病気を引き起こしてしまうのです。

活性酸素でリスクがあがる病気

悪玉活性酸素は正常な細胞を傷つけてしまうと言いました。
それだけでなく、体内にあるほかの物質から酸素を奪ってしまうというのが怖いことなのです。

人間の身体には、常にごく微量の電気が流れています。
身体を作っている60兆個の細胞でもその内側と外側で異なった電流が流れていて、その電位差によって細胞が働いています。
身体を動かしている脳からの指令も、電気信号で伝達されています。

もし活性酸素によって電子が奪われてしまったら、指令を伝達する機能が弱ってしまい、あらゆる生命活動が低下するリスクがあります。

悪玉活性酸素が活動を続けることによって、四大疾病と言われる癌・脳梗塞・心筋梗塞・糖尿病のほか、動脈硬化や肺炎、認知症、白内障、アトピー性皮膚炎など、さまざまな病気になる可能性が高まってしまうのです。

活性酸素を減らすには

健康な身体を維持し病気を防ぐためには、

・悪玉活性酸素をなるべく作らないようにすること
・発生してしまった悪玉活性酸素を排除すること

この2点がキーポイントになってきます。

対悪玉活性酸素を意識したときに、何をするのが効果的なのでしょうか。

その1、食生活の改善

体にいい野菜

活性酸素の働きを抑える物質を積極的に摂取しましょう。

・ビタミンE/ナッツ類、大豆、サンフラワーオイル、アボカド、ホウレンソウ、レモンなど
・ビタミンC/芽キャベツ、赤ピーマン、アセロラ、キウイ、じゃがいも、サツマイモなど
・ポリフェノール/ブルーベリー、緑茶、紅茶、ココア、玉ねぎ、なす、ショウガなど
・ベータカロチン/ニンジン、ピーマン、かぼちゃ、スイカなど
・含硫化合物/ニンニク、ねぎ、わさび、ニラ、らっきょう、ブロッコリーなど

その2、生活習慣の改善

・禁煙/タバコが持つ有害物質を攻撃するために活性酸素が過剰に発生するだけでなく、タバコの煙の中にも活性酸素がある
・お酒を控える/肝臓でアルコールを分解する際に、活性酸素が発生します。
・運動は軽めに/ハードな運動では呼吸量・酸素の摂取量が増えて、活性酸素の発生が増加。
・ストレスを解消する/ストレスを感じると一時的に血流が滞り、これが戻る時に活性酸素が発生します。
・紫外線を予防する/皮膚が紫外線を浴びると活性酸素が生成され、シミやシワの原因になります。